デメリットがあるからこそお得な、首都圏の売買物件を紹介する「戸建見切り品」の、バビルーサのブログです。


バビルーサのブログ お前に戸建なんて、一生無理だね。
物件購入に、お役所を活用

もう春だな。

なんだか新しい気持ちで、
そろそろ物件購入に本腰を入れようか!
って考える奴もいるかもしれねーな。

さて先日、
家がほしい奴に役立ちそうなブログ記事を見つけたぜ。

 

情報満載。お役所①

情報満載。お役所②

都市計画や建蔽率が、
物件資料ではたまに間違っていることがあるそうだ。
なので、確認したい場合や役所に行って調べましょう、という内容。

 

また②では、現在の建物が建築法規を守って建てられているか
どうかが確認する方法まで書いてある。

 

これは正直、俺も知らなかった。
家ほしい奴必読だな!
(回し者じゃねーぜ)

投稿時間 : 2010年03月18日 10:41
わけあり賃貸サイト「訳あってお値打ち物件」

今日紹介するのは、
わけあり賃貸物件サイト「訳あってお値打ち物件」

「訳があるから掘り出し物件 ドラマがある。
訳あり物件を集めました。訳あります宜しく。」

やるならとことん怪しく、インパクト強くってとこが
…かっこいいぜ!
わけありランクってのも面白いな。

このわけあり売買物件サイト「戸建見切り品」にも、
「賃貸版作ってほしい」という要望がたまに寄せられる。
鋭意検討中だぜ。

投稿時間 : 2010年03月16日 17:08
戸建購入の平均年齢

何事も「平均」を気にする日本人。

マイホーム購入を考えたことのある奴なら、一度は

「みんな、何歳くらいで家を買ってるんだろう?」

って考えたんじゃないか?
なんと、データが出ていた。去年のだけどな。

新築分譲一戸建て購入者の実態調査2009

これによると、
新築分譲一戸建てを購入する平均年齢は、39.1歳らしい。

やはり、ある程度頭金を貯めることを考えると、
若いうちから持ち家というのはなかなか難しそうだ。

わけあり物件を選ぶくらいしか、方法はなさそうだな

投稿時間 : 2010年03月09日 16:17
某わけあり物件サイトと間違えられる件。

「訳有り物件サイト始めました。」
と言うと、某わけあり物件サイトと間違えられる。

これな。
大島てる – CAVEAT EMPTOR
いや、オレ、サラリーマンだし、
さすがにここまではできねえなあ…。
もちろん「ワケあり」の先輩として、尊敬するがね。
違いを簡単に説明すると、

●大島てる
・非広告サイト。完全に作者の趣味っぽい。
・「訳あり物件」=「事故物件」。

●戸建見切り品
・広告サイト。ぶっちゃけこのサイトを見て、家を買ってほしいということだ。
・「わけあり物件」=「事故」もあるが、その他「古い」等ライトなわけも含む。
ところで最近、大島てるさんはtwiterを始められたようだ。
事故物件マニアは、フォローされることをおすすめするぜ。

大島てるtwtterアカウント

投稿時間 : 2010年03月09日 10:29
「訳あり物件」の定義

最近、ちょっと飽きてブログさぼってたので、
今日は溜めてたネタを、鋭意執筆するぜ

オレが気になっていたのが、「ワケあり物件」の定義だ。

このサイトでは、
「再建築不可」「準工業地域」「古すぎ」「借地権」「任意売却」
など、少々「わけ」があって、
その分安くなっている物件を扱っている。

しかし、一般的な感覚では、

「わけあり物件=事故、自殺、火事、殺人」

ヤダ~~!!
と即連想しちゃうこともあるんだよな。

このサイトでは、そういった物件は全て「事故物件」と表記している。

もともと「訳有り物件」が法的な用語でもなんでもないわけだから
ちょっと混乱が生じるが、しょうがないな。
悩ましいぜ…。

投稿時間 : 2010年03月09日 10:04
ニュース:「訳あり」明記で大阪府営住宅公募

こんなニュースを見つけたぜ。

「訳あり」明記で大阪府営住宅公募 孤独死増え方針転換(asahi.com)

これまで大阪府は、孤独死などがあった部屋については
特に公開せず募集をかけていたのだが、
近年孤独死が増えすぎて、思い切り方針転換。

「事故住宅」として募集を始めたそうだ。
事故物件については、
ニュース記事のミエ子さんのように、
「全然気にならへん!」いう人もいれば、
「絶対イヤ!」という人も多数いる。

ここまで意見が割れるってのも面白いもんだな。
しかしこのサイト、
大阪でやった方がいいような気もしてきたぜ。

投稿時間 : 2010年03月09日 09:57


プロフィール
バビルーサ君

バビルーサ君(34)

当サイトのイメージキャラクター・みきりんのともだち。
最近都内に戸建を購入。
口は悪いが、気の弱いみきりんを助けてくれる。

当ブログでは、激安戸建購入に役立つ情報や、たまにどうでもいい漫画を掲載します。

カレンダー
最近のエントリー
月別アーカイブ